ショーン・ペンの感想とレビューならココッです アイ・アム・サム

自閉症と知能遅延で!7歳児程度の知能しかないサムが!父子家庭の父親で!健常児の娘!ルーシーを育てていく話です。2週間ぐらいに何回か放映されていたので!3度ほど見たでしょうか。途中からだったので、最初はよく分かりませんでした。

いまオススメの商品♪

2017年02月21日 ランキング上位商品↑

アイ・アム・サム ショーン・ペンI am Sam アイ・アム・サム [ ショーン・ペン ]

詳しくはこちら b y 楽 天

尤も会話の一部はビートルズの曲の題名ですが。その後も生活を立て直しつつ、ルーシーと暮らす事を諦めず、また、サムの心の綺麗さ、優しさが、サムとルーシーに関わった人々の心に影響を与えていき、考えさせます。当時は泣ける映画でしたが!今は大丈夫です(笑)ビートルズの曲が要所要所で流れているのも良いですね。テレビ番組で印象に残っている映画の話をしていて、急に思い出しました。涙せずに観れない映画ですが、結果はご自分でご覧になって下さい。ショーン・ペン演じるサムは7歳程度の知能しかなく、娘が父親の知能と同程度になると引き離される....。引き離された親子....ラストシーンは間違いなく感動します。σ^_^;。写真のようにレンタル落ちも持っていますが!これはコレクション用ですかね。感動を失わせたくありませんので。(カジュアリティーズでは悪役の上官ですから忘れていました)彼の演技力はものすごいと思います。7歳になった娘が育っていく段階で、社会的には、娘の将来を考えて、施設に入れるべきだという考えを持つ人も出てきます。この映画で、ショーン・ペンの名前と顔が一致しました。サムは、自閉症でも、人とコミュニケーションが取れない程ではありませんが、父親の能力を越えていく娘を愛して、自分で育てたい心を持ちながらも、裁判に耐えられず、ルーシーを手離します。タイトルを思い出せず、子役のダコダを頼りに探したら見つかり、しかも、お得に購入できました。何年か前に偶然CSで見ました。女房に、何度見てるの?なんて言われたことを覚えています。